さいたま市中央区、北与野駅から徒歩2分の中国針の鍼灸治療院。   

-院・スタッフ紹介-

-屋号の由来-

当院の屋号【伍行庵】は、東洋医学の最も基本的な考え方・・・「五行論」からいただきました。

五行 一般向け.jpg

「五行論」とは、「5つの要素が互いに生み出しあい、抑制しあうことでバランスを保つ」という思想。

現代的には【動的平衡】に通じる理論です。

ヒトの健康もまた同じ。

「栄養がすみずみまで循環し、絶えず代謝を繰り返していくことこそが、健康と長生きの秘訣」です。

そして当院が目指すのは、“皆さまのすぐそばで、心と身のバランスを整える、庵のようなおだやかな場“である事。

そこで、"五行"に「人に寄り添う」意味をこめ、"イ(にんべん)"を加え・・・【伍行庵】といたしました。

正面玄関.jpg

-待合室-

当院は、玄関から治療室までバリアフリーとなっておりますので、車椅子やベビーカーも、スムーズに出入りができます。

BiND用 待合室.JPG

また当院は、風通しが良いの一つの自慢。
空調が苦手な方も多いため、極力自然の風を院内に流すよう、こころがけています。

初診の方には、まずは待合室にて、問診票にご記入をお願いしております。

ソファ.jpg


マンガや雑誌、画集などを置いておりますし、窓の外には木槿や紅葉、椿などが、“緑のカーテン”を作ってくれていますので・・・

しばし、POPや風景、書籍を楽しみながらお待ちください。

-治療室-

当院ではベッドを3床用意しております。

ベッド2.jpg

ベッド1.jpg

「ご家族、ご友人と一緒に施術を受けたい」という方も、問題なく同時に施術できますので、ご安心ください。
また、乳幼児をお連れのお母さまにも、ベッドの配置を換えて、おそばに赤ちゃんを寝かせた状態で治療が可能です。

ご予約の際に仰っていただけれれば、如何様にも対処いたします。

-スタッフ紹介-

吉田 啓 (よしだ あきら)

施術者フォト.JPG

略歴

地元、埼玉県与野市(現さいたま市中央区)出身。

1997年、日本の鍼師・灸師国家資格取得(はり師109511号)(きゅう師109469号)。 
直後に中国北京(北京中医医院)に留学し、本場の鍼灸と漢方を学ぶ。

1999年、2年間の留学から帰国。
北浦和の鍼灸整骨院に勤務しながら、本場で学んだ技術を日本人向けに試行錯誤する。

2006年5月、地元北与野にて、【はりきゅう治療院 伍行庵】開院。
以後、日本の鍼灸師むけの勉強会なども主催しながら、技術のさらなる向上を模索中。


・好きな言葉…一心大切
・特技…中国語・イラスト作成(当院使用のイラストはすべて自主作成)
・趣味…剣道、居合道、絵画、読書、和装



※当日の施術をご希望の方は、お電話にてお願いいたします。